ハットリング工法

ハットリング工法

 ハットリング工法はマンホール本体に影響することなく簡単に施工ができ、 新潟県中越地震で多くの被害があった埋め戻し土の液状化によるマンホールの浮き上がりに対して有効な工法です。


特徴

  • マンホールに影響がありません
    マンホールに穴をあけたり、内空断面を阻害することはありません。浮き上がりそうになった時にだけ抑制する構造になっているので、上時には負荷はかかりません。
  • 地震動による慣性力の増大はありません
    マンホール本体と浮上抑制ブロックとの間に隙間を与えているので、地震時には別々の挙動を示し、慣性力の増大には繋がりません。
  • 簡単施工、しかも低コスト
    施工は、2m×2m深さ1mの切削で、地下埋設物の試験掘り程度の規模で行えます。特別な施工技術は不要です。