擁壁類

ウォルコン・ミルウォール

 ウォルコンは納入実績50万uをはるかに超える安全性・信頼性の高いスタンダードタイプのL型擁壁です。 前壁・後壁ともフラットで埋め戻しなど施工が容易で逆L片擁壁としてもご利用いただけます。直高500mm〜3000まで対応します。 ミルウォールは軽量化・高性能化を目的として開発されたL型擁壁の決定版です。 前壁および底版にT形梁の構造を採用し軽量化されています。壁高は900〜5000mmまで100mmピッチで規格化しています。

SPブロック

 従来の間知ブロック積みや石積み・もたれ擁壁工にかわる大型ブロック積みで大幅な施工の省力化を実現しました。 すでに開発以来140万uを超える実績を達成している製品です。

SSブロック

 間知ブロックに代わる1uの大型ブロックです。 控え厚は50cmとなっており生コンを打設することで、一体化された堅牢な擁壁を構築します。 水平積みとなっており大幅なコストダウンを実現します。

オリジナル・ロック・スーパー

 間知ブロックに代わる1uの大型ブロックです。 連結鉄筋用の孔2箇所を有し、基礎コンクリートより立ち上げた連結鉄筋にブロックを差し入れ間詰めコンクリートをすることで一体化される製品です。

エコボックス・マジックタイプ

 構造は練積み工法でありながら中詰め材として現地発生土を利用できかつ前面に植栽可能な2uの大型ブロックです。 積み方により、もたれ式擁壁タイプ、重力式擁壁タイプ、緑化タイプと現場条件に合わせた施工方法が選べます。

あぜくら式方格ブロック

 あぜくら式方格ブロックは井桁工法の本流を行く安全性の高い製品です。 特徴としては高い透水性が、擁壁背面の湧水や浸透水の圧力から擁壁本体を守ります。 また継手構造がフレキシブルであるため不等沈下や地震に対して柔軟に対応し擁壁全体が高い安全性を誇ります 。軟弱土質や地滑り地盤ではその性能を遺憾なく発揮しますし、その構造が見せる美しい外観もアピールポイントと言えるでしょう。

ユニット法枠

 法面表層部の侵食・風化・表層崩壊等の防止を目的とし、施工の効率化・省力化を図った製品です。 現場条件に合わせ、1uタイプと2uタイプがあります。

プレガード

 擁壁構造の新基準に対応可能なプレキャストガードレール基礎です。 経済性・施工性にも優れ、新基準の衝突荷重を考慮した設計を行っています。